トップ

母乳の出がよくなる飲みもの

母乳がいつまでも満足に出ず、赤ちゃんも夜泣きが続いているとママは不安と育児にも自信が持てなくなってしまいます。

質のよい母乳がたくさん出れば、赤ちゃんは満足して夜もしっかり眠るようになります。
そのためには日頃からママが飲むものや食べものに気をつけることが大切なのです。

母乳不足でお悩みの方ならこちらで解決しましょう。

授乳中にはノンカフェインで暖かい飲み物が一番です。真夏だとどうしても冷たいものが飲みたくなってしまいますが、体温以下の飲み物は身体を冷やしてしまいますし、血行が悪いと母乳の出にも影響してしまいます。真夏でもできる限り常温以上の飲み物を飲むようにしましょう。

常備するなら日本茶より麦茶がいいでしょう。更に、授乳期ママは貧血にもなりやすいので鉄分を含む飲み物のルイボスティーやタンポポ茶がおすすめです。ゴボウ茶には血液をサラサラにする効果もありますので、質のよい母乳を出したいママにぴったりですね。

忙しくて食事にあまり気を使えないママにオススメの飲み物が甘酒です。甘酒はビタミンB群やアミノ酸、ブドウ糖といった育児で疲れているママに嬉しい成分が豊富に含まれています。

酒粕で作られているものはアルコールが入っていますので、授乳中は米麹で作られている甘酒を選んでくださいね。

だめだと言われていても紅茶やコーヒー好きのママはたまにカフェイン入りのドリンクも飲みたくなりますよね。そんな時はデカフェでコーヒーを作ってみてください。スターバックスやネスカフェのデカフェならノンカフェインでも本格的な味が楽しめます。

たんぽぽコーヒーもノンカフェインですが、こちらは鉄分豊富で授乳期ママにはオススメです。ただ名前ほどコーヒーっぽい味ではありませんので、好きな方からすると物足りないかも知れません。

授乳期はしっかり水分補給をすることが大切です。目安として1日3リットル、夏場だと5リットルくらいです。結構な量だと感じますが、ママ自身の分と赤ちゃんの飲む分だとこれくらいになります。

また産まれたばかりの赤ちゃんのお世話をしながらの授乳は体力も消耗してしまいます。できるだけ一緒になって身体を休めることで、量も質もある良い母乳を出すことができますよ。